|

 信州大学を平成3年に卒業し、以後内科医として診療してきました。信州大学では、甲状腺の基礎研究にて博士号を取得し、臨床では循環器、呼吸器、消化器、膠原病、透析医療をはじめ、内分泌、糖尿病、甲状腺の専門診療を行ってきました。
信州大学付属病院、佐久市立浅間総合病院、沖縄牧港中央病院では、病棟診療をはじめ、心臓カテーテル検査、ペースメーカー植え込み、上部内視鏡検査、頚部エコー、心臓エコー、腹部エコー、胃バリウム検査、大腸バリウム検査などと幅広く検査などに携わってきました。また、沖縄の病院では、約90名の透析患者さんの透析管理、透析導入に従事しておりました。

 

 この経験を生かし、現在のクリニックにおいても、質の高い医療の提供をこころがけて診療を継続したいと考えています。

 

院長 小 林 博 明

日本内科学会認定総合内科専門医

日本内分泌学会認定内分泌代謝専門医

プロフィール

平成3年

信州大学医学部卒業

平成3年

医師国家試験合格

平成8年

信州大学医学部大学院卒業
医学博士号甲種取得


平成3年

信州大学内分泌代謝内科入局

平成5年

佐久市立浅間総合病院内科勤務

平成8年

東部町立ひまわり病院内科医長勤務

平成10年

沖縄県牧港中央病院内科医長兼透析施設長勤務

平成12年

佐久市立浅間総合病院内科医長勤務